2007年11月21日

アフィリアエトを始める前に

インターネトマネー、アフィリエイトは最近特にアメリカ、イギリスで大きなビジネスになっていますが、本当に宣伝のようにうまい事いくものでしょうか?

私はアメリカに住んでいて、いわゆるホームビジネスあるいはインターネットビジネスをやろうと思い随分とお金と時間を使って試してみたものです。

まず、私は日本のインターネットビジネスをチェックし始めてまだ日が浅いので、まだ日本のこの業界全体の動きが解かっていないということを初めに御断りしておきます。

アメリカと比べると業界全体がまだ始まったばかりのように見えます。これは言葉の違いから来る情報の不足から来るようですが、その意味はまだまだ伸びる要素があるという事です。

アメリカではホームビジネスを始めて5年後もそのビジネスを続けている人は1割ぐらいのものです。実に9割の人は十分なお金を作れなくてホームビジネスから撤退します。

それでも約1割の人はホームビジネスで成功して会社で働いている時よりも多くの収入を稼ぎ時間を自分の好きなように使い,生活を楽しんでいます。その差はどこから来るのでしょうか?

一番の原因にはホームビジネスに対する知識が十分で無かったということが挙げられます。

よく宣伝では“”誰でもカンタンに出来る“と謳われていますが人の能力はそれぞれ違いますからその人にとってカンタンな事が必ずしも自分にとってカンタンという訳ではありません。

実際に何を具体的にどの様にどのくらいの時間でしなければいけないのかを自分で解かっていなければいけませんし、他の人と競合する訳ですから他の商売と同じように大変なものです。

また知識が十分で無いために自分に合わないプログラムを選んでしまうのも良くある事です。

インターネットでお金を作る方法は数え切れないほどあり、その中から自分にあったプログラムを選ぶだけでも大変な作業です。システムのあまりしっかりしていないプログラムを選んでしまうと後から問題が起こった場合サポートが役に立たず大変な思いをして全て自分で処理しなくてはいけません。

当然インチキ商法も数え切れないほどありますし、違法商法もあります。それを避けるためにもリサーチをしっかりしてから始める事をお薦めします。

http://dablog.seesaa.net



アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/68759574

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。