2007年11月19日

アドレレバンス 

こんにちは。honeybushです。

前回に引き続きアドレレバンスについてです。


アドレレバンスとは、主要広告メディア130媒体から3,500以上の広告掲載ページを対象に、オンライン広告を自動的に収集し、総出稿量や、広告主別の出稿状況、媒体別の広告掲載状況を集計するシステムです。



これの何がうれしいの?ということですが、ネットレイティングスの担当者いわく「市場全体を網羅して情報収集することが難しかったオンライン広告市場のプレイヤーに対し、科学的な裏付けを持ったマーケティング情報を提供できる」ということだそうです。



確かに、昨日もちょっとお話した、全媒体のうちmixiが広告掲載量でyahooに次いで2位(9月実績)というのは驚きの事実でしたよね。



こうした見方はいままでできなかったので、なんとなくmixiすごいらしいという噂的な情報に確固たる裏づけができたということですよね。



さて、ではこうしたマーケットの動きを知ったとき、次のどう動くのかを考えなければいけないのですが・・・



私個人的には、ブログやSNSにできているオープンな、あるいは閉鎖的なコミュニティそれぞれを単一のマーケットとみなしていくという視点にヒントがあると感じています。


この文章の原文はこちら


http://jukunen-kigyo.seesaa.net/article/25877893.html


--------------------------------------------------------------
運営ブログ:団塊世代起業は情報起業から!
URL:http://jukunen-kigyo.seesaa.net/
honeybush
--------------------------------------------------------------



アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。