2007年11月15日

できそうでなぜかできない!後発組が勝つための最大の秘訣

今回は、*後発組が勝つために* というテーマで考えてみます。

 私は自分自身、インターネットビジネスでは、後発組に入ると思います。

 試行錯誤の時期は長かったですけど、実際に成果らしい成果を出すことがで
きたのは、2006年の秋です。
 
 このアーティクルをお読みいただいている方々にも、インターネットビジ
ネス後発組の方が多くいらっしゃることと思います。一般的な考え方をすると、
「後発組は先行している人達には勝てない」と思われがちでしょう。

 もちろん、先を進んでいる人たちの方が、遅れてスタートした人たちよりも
有利なのは当たり前。

 しかし、後発組の中でも、上位5%に入ることができれば、また話は別です。
いかに後発組といえども、トップ集団に入ることができれば、時を経るごとに
先行している人達に追いつき、成功者の仲間入りを果たすことができるわけで
す。

 では、どうすれば、後発組の中でも上位5%に入り、先行している方々に追
いつき、成果を収めることができるのでしょうか?

 ここで、たとえ話をさせてください。

 私はスポーツセンターに通っています。
 もともと、格闘技が好きなので、「ボディコンバット」という、格闘技をモデ
ルにしたエクササイズのクラスによく参加しています。

 私は、このクラスでは、スタジオの最前列、しかも中央でレッスンを受けた
いといつも思っています。

 スタジオに入る時の順番待ち行列に並ぶときには、私は行列の後方で待機す
ることもよくあります。この時点では、私は「後発組」ですね。

 しかし、頭の中では、「レッスンを受けるときにはスタジオの最前列に陣取っ
ている自分」を常に思い描いています。

 そして、周囲の人達の顔ぶれを見ながら、どのようなルートをたどってスタ
ジオに足を踏み入れ、スタジオ最前列に辿りつけばよいのか、常に想像してい
ます。

 このように、私の気持ちの中で、「目標の明確化」と「それを実現するための
計画」あるいは「心の中でのリハーサル」ができていれば、ほぼ間違いなく、
スタジオの最前列、しかも中央でレッスンをうけることができます。

 そりゃそうでしょう、他の大半の人達は、ただなんとなく「スタジオに入っ
てレッスンを受けられればよい」としか思っていないのに対して、「私はスタジ
オの最前列、しかも中央でレッスンを受ける」と決めているわけですから。

 今回は、スポーツセンターのスタジオ内でのレッスンの場所取りを例にして
説明しましたが、似たようなことは、あなたも日常的に経験しているのではあ
りませんか?

 「目標を明確にし、その実現のために計画を立て、(心の中だけでもいいから)
リハーサルをし、それに従って行動した人が目的を達成する。」

 これは当たり前のことです。もしも、目的を達成できなかった場合は、計画
やリハーサルをやり直して、達成するまでやればいいだけのことです。

 しかし、この当たり前のことができていない人達があまりにも多い!

 特に、インターネットの世界では、玉石混交、さまざまな「儲かります」情
報が氾濫しているので、目移りばかりして、「どの」インターネットビジネス
で成功すればいいのやら、すなわち成功に必要な最初のステップである「目標の
明確化」がしづらいわけです。

 では、どうすれば、目標を明確にすることができるのでしょうか?

 ビジネス書によっては、「やりたいこと」と「やりたくないこと」を明らかに
し、それらにうまく折り合いをつけることで、「目標の明確化」を図りなさいと
述べているものがあります。

 しかし、「やりたいこと」と「やりたくないこと」を明らかにするだけでは、
ビジネスの目標を明確にする、すなわち「何をやって儲ける」のかをハッキリ
させるには不十分です。

 もっとダイレクトに、「インターネットビジネスでは、何をやれば儲かるのか、
何をやると儲からないのか」を調べ、そこに、「やりたいこと」「やりたくない
こと」を加味することにより、ご自分がインターネットビジネスとして、何を
やって儲けるのかを決定するのがいいです。

☆ 無料レポート紹介ページ
 http://www.ibc-bookstore.com/freereport/

☆ このアーティクルの元記事と続きは、こちらからバックナンバーをご覧ください。
 http://www.ibc-bookstore.com/newsletter/

☆ 私への連絡には、アイ・ビー・シーブックストア用フォームをご利用ください。
 http://www.ibc-bookstore.com/contactus.html



アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。