2007年11月13日

いつまでも続かない検索エンジンへの対策

すっごく多くのメルマガやセールスレターがうようよしています。

タイトルに魅かれて読み始めたものの、全く中身とタイトルが違う類のものが急増しはじめました。

どこでどう勘違いされているのか分かりませんが、中身は人真似でタイトルだけオリジナルっぽいものってよく見かけません?

それなら初めから全てコピーしてもらいたいものです。

本文を一言で集約するのですから、本来は簡単には作れないのがタイトル。

私達は素人ですが、それでも読み手を騙すような文言は避けるべき。

全く脈絡のない本文を読まされると苛立ちを抑えられません。

ある程度の脈絡を残しておかなければ、どんなにタイトルが素晴らしいものであっても読まれないものです。

それと、手に入れた情報やソフトを販売するのは当たり前ですが、それについて少しは勉強しておかないと、大事なセールスレターが不発に終わります。

あなたは、御自分が書いたタイトルから、あなたの本文を想像できますか?

例えば、タイトルを

「ヴァイラルアーティクルの全て」

としましょう。

これなら誰もが 「ヴァイラルアーティクルのことなんだな。」 って分かりますよね。

しかし肝心の本文がヴァイラルアーティクルについてはほんの少しだけで、ほとんどがヴァイラルブランダーのセールスなら?

ヴァイラルアーティクルに関する情報収集しに来た人にとっては怒り心頭!

関係ない記事を読まされた挙句にセールスなんですから当然です。


ではどうしてこのような事が増えてきたのでしょうか?

それは検索エンジンへの対策が原因です。

文章にならなくても良いからキーワードをちりばめるように指示した情報が出回っています。

キーワード上位の言葉を織り込むのは良い方法だと思いますが、それも度を過ぎると迷惑です。

上記の例なら、ヴァイラルブランダーよりヴァイラルアーティクルのほうが上位だという設定です。

上位を利用して下位を読ませる。

正直これはお薦めできません。

検索エンジンへの対策はするべきでしょう。  が、およそ文章とは呼べないものを平気で作らせた対策や、全く更新しないブログをキーワード毎に作らせるといった方法がいつまで通用するのでしょう?

現に、2年前と現在では大幅に異なりますし、ネット人口が増加するに従い検索エンジン側の対応も早くなってくるでしょう。

また、検索エンジンだけに頼っていると、どこかで検索エンジン上位から消えてしまい、あなたの計画は崩壊すると思われます。

今それで通用しているなら、今のうちに次の手を打つことをお薦めします!!

仮に検索エンジンがもっと細分化され、一つのキーワードが入った言葉でのヒット数が激減するとしたら?

上記の方法のサイトの多くは、上位から間違いなく消えてしまうでしょう。

将来を考えてヴァイラルマーケティングに尽力されることを強〜くお薦めします!


IRORINET  池田 康祐
http://yasuhironet.com

ビジネスアーティクル
http://irori.art.coocan.jp



アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
posted by yasu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。